サッカーのBGM『WE ARE THE CHAMP』でよみがえったパチンコの思い出

パチンコ屋

youtubeを散歩してたら懐かしい曲がありました。

確か1990年代に流行ったサッカーのBGMだったかな。

ボク自身はサッカーなんて全然知らないんですが、これをBGMに使ってたパチンコ屋が多かったんで憶えてました。

正式名称は「WE ARE THE CHAMP」らしいですね。

なつかしーなー。

この曲をBGMに使ってた店舗が多かったんで、今でもコレを聴くと条件反射で頭の中にパチンコ屋での思い出が浮かんで来ます。

目当ての台を取りに朝一から並んだり、新台入れ替えでこの曲が流れると同時にダッシュで台を押さえたり、セブン機のラッキータイムで気合を入れて打ったり・・・etc

いろんな昔の思い出がよみがえって来て、つい頭の中がタイムスリップ状態になりました。

パチプロ生活で記憶に残ってる事といえば攻略してきた機種のことが多いのですが、パチンコとは直接的に関係のないこともいろいろ思い出にあります。

今では出不精になってしまったボクですが、20代の頃は旅打ちと称してアチコチに遊びに行ってました。

車でお気楽な一人旅です。

身の回りのものをチャチャッとバッグに入れると、後は気の向くままに高速に乗ってました。

関西、関東を始め、東北や九州、気分が向いた方向へハンドルを切ってたなあ。

中でも関西はよく行きましたね。

梅田や難波の空気が合ってたんでしょう。

昼間はパチンコを打って、夜になったら繁華街へくり出す。

20代でしたからそっち方面の店ばかり行ってました。笑

単純なヌキ系から本番屋まで、一通りの店は回りました。

怖い思いをした店もありましたが、今となってはイイ思い出です。

食い道楽もやってましたね。

各地方で評判の良い店があれば、予約を入れて食べに行ったり。

パチンコで稼いだ金の大半は風俗か飲み食いに消えてたと思います。

寿司、焼き肉、中華、フレンチやイタリアン

これまた一通りのグルメは堪能しましたねえ。

今だから言えるんですが、高級な食事って半年もすれば飽きるんですよね。

最後は結局、白ゴハンと焼き魚とみそ汁に落ち着きましたから。

舌が貧乏性なのかな。笑

旅先で付き合いのある同業者と久々の再会をするのも楽しかったなあ。

攻略プロというのは自分たちの地元エリアを余所者に荒らされるのを嫌うんですが、ボクは基本的に一人で行動していたし、荒らすような打ち方はしなかったので結構県外との付き合いは上手く行ってた方だと思います。

あの頃は自由だったし、活動的だったなあ。

徹夜で遊んで、その足でパチンコ屋の開店に駆けつけたり。

あんなんでよく1日中体感器を着けて打てたもんですよ。

今では考えられないです。

若さって偉大ですね。

そんなことを考えてたら、もう一回20代に戻って遊び人生活がしたくなって来ました。

youtubeで1990年代の歌謡曲を漁って思い出に浸ろうかな。

じゃ。

シェアする

フォローする