吉野家『特撰すきやき重』を食べた感想レビュー

 

吉野家公式のすきやき重

引用:吉野家公式ホームページ

 

牛丼の吉野家が2019年8月14日から始めた『特選すきやき重(税込860円)』を遅ればせながら食べて来たんで感想記事を1本。

結論から言うと、値段が860円(税込)とちょっと高かったんですが、まあ合格かなと思いましたね。

ちなみに限定商品で品数が少ないらしく、最初に行った2軒は売り切れで3軒目でようやくありつくことができたんで人気はあるみたいです。

寸評が「文句なく合格」ではなく「まあ合格」というイマイチな表現をしたのは、以下の3点が引っ掛かったから。

  • 生タマゴ (with わけのわからん器具)
  • ゴハンにかけてるタレ
  • ゴハンの量が少ない

ただ「美味しかったです!」ではレビューになってないんで、この3点について文句を書いて行きましょうかね。笑

スポンサーリンク

生タマゴとわけわからん器具

実物すきやき重

粗い画像で申し訳ないんですが、上が実際に食べた『特選すきやき重』の写真です。(記事冒頭のは吉野家公式からの転載画像)

この写真の左上に銀色の器具が見えるでしょ?

これ、実は生タマゴの卵白(白身)を除くための物らしいんですが、使い方がわからなかったんで使いませんでした。

で、タマゴは小鉢に溶いてすきやきの時みたく使いました。

実はね、これが食べ辛かったんです。

ゴハンの上に乗ってる牛肉を一枚一枚タマゴに浸してから食べるんですが、正直言ってボクは食べにくかったですね。

何よりも肉に付いたご飯粒がタマゴに混ざるのが個人的に嫌でした。

これは実際に食べてみないとわかりにくいと思うんですが、これなら溶いたタマゴを重の上に掛けた方がいいかも知れません。

ですが、それをやると重全体がベチャベチャになってタマゴかけゴハンみたくなりそうなんでやらなかったです。(器具を使わなかったのはそれで)

個人的には要らなかったと思いますね、生タマゴ。

その代りに重の上からタレを掛けた方がイイと思いました。(肉には何も掛かってなかった)

スポンサーリンク

ゴハンにかけてるタレ

肉にはタレが掛かってなかったんですが、下のゴハンにはタレが掛けてありました。

が、そのタレがイマイチだったんですよね。

パンチがないって言うのか、味が薄いって言うのか、とにかく味付けが足りなかった。

タレが薄い状態で肉を生タマゴに付けたら更に味が薄くなってしまいましたから、ボクは醤油を掛けましたよ。

スポンサーリンク

ゴハンが少ない

ラストはゴハンの量。

流石に肉の枚数を増やせとは言わないですけど、せめてゴハンぐらいは多めにして欲しかったなあ。

お昼に食べに行ったけど、イマイチお腹が物足りなかったですよ。

スポンサーリンク

まとめ

マイナス面を3点について書いてきましたけど、これらはボクの個人的な好みが入ってるんで、そこら辺はまあ割り引いてくださいな。

トータルでは値段と釣りあってると思ってます。

でも、次は食べないと思うけど。笑

以上、吉野家の『特選すきやき重』を食べた感想でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庶民グルメ
のんきをフォローする
のんきラボ

コメント

ツイッター

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログ村

タイトルとURLをコピーしました