親族の範囲を定義する「6親等内の血族と3親等内の姻族」の親等図

つい先日、親戚のつながりについての話になり親族とか血族・姻族といった言葉の正確な定義って何だろうって思い調べてみました。

今回はやや小難しい話になりますが、興味のある方はどうぞ。

相続なんかには必須の知識です。

前提知識|血族・姻族・親等数とは?

そもそも親族の意味を考える前に「血族・姻族・親等数」といった言葉の意味をわかっておかないといけません。

ややこしいですが、最初にやっつけておきましょう。

  • 血族・・・血のつながりのある身内
  • 姻族・・・血のつながりが無い義理の身内

たとえば、本人から見て父母や兄弟姉妹は血縁関係がありますから血族です。

自分の奥さんの父母や兄弟姉妹は姻族です。

大丈夫でしょうか?

次に「親等数」というのは間柄の近い・遠いを表す単位です。

これはちょっと細かいので、図を見ながら話を進めて行きましょう。

親等図

引用:初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

上の図で、ほぼ中央に「本人」とありますよね。そこを中心に考えて行きますよ。

親等数とは1つ間柄がズレるごとに数字が1つ増えて行くんですが、上下の移動をカウントするというルールがあります。

といっても、コレだけでは分からないですよね。

なので例を挙げます。

上の図で、本人から見て父母は上に1つ移動するので1親等です。

同じく自分の子共も下に1つ移動するので1親等です。

では、兄弟姉妹はというと・・・2親等なんですね。

横に1つ移動するだけだから1親等と言いたいところですが、移動は上下でカウントするので、『本人⇒父母⇒兄弟姉妹』という2回の移動とカウントします。

では、お爺ちゃんやお婆ちゃん(祖父母)はどうでしょうか?

答えは2親等ですね。単純に上に2回移動ですから。

次は難しいですよ。

イトコ(従兄弟姉妹)はどうでしょう?

答えは4親等です。

考え方は『本人⇒父母⇒祖父母⇒叔父叔母⇒従兄弟姉妹』で4回移動してますね。

ちなみに今例に出したのはすべて血族です。

上の図では青色と黄色の部分です。(書いてある数字が親等数)

次はピンク色の姻族側を見て行きますが、数え方は同じです。

ただ1つだけ例外があって本人と配偶者の移動は0としてノーカウントにすることです。

つまり本人の配偶者は(敢えて言えば)0親等ですね。ただし、0親等は普通は使いません。単純に「配偶者」といいます。

さて、では問題です。

本人から見て奥さんの父母は何親等でしょうか?

答えは1親等です。『本人=奥さん⇒父母』と移動しますが本人から奥さんへの移動はカウントしませんから1回の移動となります。

じゃ奥さんの妹さんは?

『本人=奥さん⇒父母⇒妹』で2親等になります。

これで親等数の数え方は分ってもらえたんじゃないでしょうか。

後は、親等数に血族か姻族の区別を加えればいいだけです。

たとえば、本人の甥や姪は『本人⇒父母⇒兄弟姉妹⇒甥姪』で3回移動で血のつながりがあるので『3親等の血族』と言います。

では、最後にもう一問。

奥さん側の甥や姪は何に当たるでしょうか?

答えは『3親等の姻族』です。

移動は『本人=奥さん⇒父母⇒兄弟姉妹⇒甥姪』の3回で、血のつながりが無い義理の関係なので姻族です。

親族とは?|6親等内の血族と3親等内の姻族

ようやく親族の定義にたどり着けました。

見出しにあるように「6親等内の血族と3親等内の姻族」が親族の定義です。

ちょうど上の親等図がその範囲になっていますよね。

では、お疲れさまでした。

シェアする

フォローする