「親族とは6親等内の血族と3親等内の姻族」の意味を解説

 

家族

 

今回はちょっと難しいですが、家系図で良く出てくる「親族」とか「血族」とかの定義です。

まるで横溝正史さんの小説に出てきそうな話ですが、おどろおどろしくありませんので御安心を。

スポンサーリンク

親族の定義|6親等内の血族と3親等内の姻族とは

下の画像を使って例題形式で説明して行きますね。

家系図出典:株式会社アイエー住宅販売

親等の意味と数え方

「親等」っていうのは、一族内での近さや遠さを数字で表したものです。

遠い親戚とか近い親戚とか、そういった感覚ですね。

1親等が1番近しい関係で、2親等、3親等・・・となるにつれて関係が遠くなっていきます。

 

ちょっと戻って上の図を見てください。

中心辺りに「本人」がいて、そこからいろいろな枝葉が出て番号が付いてますよね。

その番号が「本人」からみた親等数です。

◎親等数を数える時には以下の大まかなルールがあります。

  • 縦に移動
  • 1つ移動すると1親等増える

具体的に見ていきましょう。

わかりやすくするために「本人=アナタ」と仮定して話をすすめますね。

 

◎アナタから見て自分のお父さんとお母さんは1つ上に移動するので1親等です。

おじいちゃんやおばあちゃん(祖父母)は更にもう1つ上に移動するので2親等になります。

後は同様に上に行けば行くほど3親等、4親等・・・となって行きます。

 

◎今度はアナタの子供です。

アナタの子供は1つ下に移動しますから1親等で、孫は2親等です。

ここまでは大丈夫と思います。

 

◎次は横にいる兄弟姉妹の数え方です。

兄も弟も姉も妹もすべて「兄弟姉妹」として同一の扱いです。

兄弟姉妹はアナタから見てすぐ隣にいるのですから1つ横に移動して1親等だと考えたいところですが、実は違います。

移動は縦が基本なので、この場合は以下のような移動経路をとります。

「アナタ→父母→兄弟姉妹」

これで2親等というわけです。

 

◎次はイトコですが、ちょっとめんどい。

上の図で「アナタ→父母→祖父母→叔父叔母→イトコ」で4回移動の4親等です。

大丈夫でしょうか?

血族と姻族

血族は血のつながりがある関係です。

族は婚によって縁がつながった関係、つまり血のつながりのない義理の関係です。

 

上の図で、アナタの右横に「配偶者」がいますよね。

アナタが男なら妻が配偶者です。

その妻側の人たちが姻族になります。

 

親等数の数え方は姻族でも同じです。

ただ、アナタと配偶者は同一扱いになります。ここが注意点。

つまり、アナタから配偶者への移動はカウントしないという意味です。

 

では、もう一度上の図を見てください。

アナタから見て義理の父母にあたる配偶者のお父さんお母さんは「1親等の姻族」といいます。

ちなみに、上では言いませんでしたがアナタの本当の父母は正確には「1親等の血族」です。

 

じゃ、ここで例題

「アナタの配偶者の姉の子供は何親等の何族ですか?」

答えは「3親等の姻族」です。考え方は「アナタ=配偶者義理の父母義理の姉その子供」で、3回移動で3親等、血のつながりはないので姻族です。

 

どうでしょう、だいたいわかってもらえましたでしょうか?

ボクは法律の専門家ではありませんので詳しい説明までは手が届きませんが、日常生活の教養程度としてならこの程度で十分と思いますよ。

では、お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました