お墓の種類や値段|それぞれのメリット・デメリット

 

墓地2

 

お墓や葬送には「公営墓地、民営墓地、寺院墓地」の3種類に加えて、納骨堂や合葬といった永代供養(えいたいくよう)、それに海へ遺骨を返す散骨といろいろあります。

  • 「公営墓地、民営墓地、寺院墓地」・・・一般的な墓地
  • 「永代供養墓」・・・納骨堂や合葬墓
  • 「散骨」・・・お墓を持たずに遺骨を粉末にして海などへ撒く
  • 「手元供養」・・・お墓を持たずに遺骨を自宅で保管する

ざっと並べましたが、おそらくその違いがハッキリわかっている人は居ないと思います。

当たり前です。

専門書やサイトを調べてもイマイチ抽象的で細かい部分の説明や解釈が微妙に違っているし、そもそも葬儀業界の暗黙のルールとして明確な情報は表に出さないというのがあるからです。

なので、結局はその時に業者や寺院などに尋ねて確認するしかありません。

 

一般的な墓地3つ|公営墓地・民営墓地・寺院墓地

見出しに書いた3つの墓地「公営墓地・民営墓地・寺院墓地」が一般的な葬送に使用される墓地でしょう。

それぞれについて詳しく説明する前にザックリとお墓を建てる費用について記しておきます。

お墓を建てる費用は大ざっぱに言って次の3つがかかります。

  • 永代使用料(えいたいしようりょう)・・・お墓を建てるための土地の使用料(賃借料)。最初にまとめて払う。注意すべきは「永代」とあるが、その使用権は継承者一代で終わる。つまり、亡くなった人の子供の代だけ。非常におかしいが仕方がない。全国平均がだいたい50~60万円。
  • 管理費・・・毎年払う。これは安い。年間数千円から数万円。
  • お墓代・・・お墓を建てる費用。非常に高い。平均的に墓一基で100~200万円。もちろん上は青天井。不動産屋

高いですよね。

上の3つの費用の平均額を足すと、だいたい150~250万円前後になってしまいます。

お墓を建てるのってかなりの出費だってことがよくわかります。

この事を踏まえて3種類のお墓についての注意点などを記して行きます。

 

公営墓地

都道府県や市町村が運営する公営の墓地です。

1番のメリットは費用が安いこと。

その代り、申し込むにはいろいろと厳しい資格条件が付いていることが多く、また申し込んでも抽選が高倍率なのでなかなか当選しないのがデメリットです。

 

資格条件は各自治体で違いますが、例を挙げると

「遺骨が手元にあること」「分骨が出来ない」「住民票所在地に規定の年数以上住んでいる」などです。

「遺骨が手元にあること」というのは、生前にあらかじめお墓の準備が出来ないことを意味しますので、ちょっと現実的ではない規定ですね。

抽選は毎年1回あるので当選するまで申し込みし続けても構いませんが、現実的には最初の1年目は公営墓地に応募してみて、ダメだったら他の墓地へ埋葬するというのがいいでしょう。

【補足】遺骨は必ずしもお墓に埋葬する義務はありません。後述しますが、例えば「手元供養」という方法をとればお墓は要りません。

 

民間墓地

こんどは民間が運営してる墓地です。(例/霊園)

石材屋、不動産屋、葬儀業者が運営していることが多いですね。

つまり葬儀業界のいろいろな業者が商売としてやっているわけです。

商売でやっていることは構わないのですが、不当に高い料金を請求してくる悪質なところもありますので、あらかじめ友人・知人やネットの口コミなどで下調べをしておくことです。

 

マイナスな事ばかり言いましたが、メリットもあります。

上の公的墓地が資格条件に厳しく、抽選もなかなか当たらないというデメリットを持っていたのに対して、民間墓地は資格条件が無く生前準備もできますし、ほぼほぼ希望の墓地区画がとれます。

ただ、公営に比べたら価格が2倍、3倍と高いですが。

 

寺院墓地

もっとも一般的な墓地ではないかと思います。

お寺の敷地内にお墓を建てるパターンです。

この寺院墓地でお墓を建てようと思ったら、そのお寺の檀家にならなくてはいけません。

いわゆる檀家制度というやつです。

近年は、そういったお寺との密な関係が嫌だという人も増えてきているのが現実です。(例/墓じまいによるお寺離れ)

 

永代供養墓|納骨堂・合葬墓

永代供養(えいたいくよう)とは、遺族に代わって寺院・霊園が遺骨の管理をすべてやってくれる制度です。

1番の特徴はお墓を建てない(若しくはお墓に準じた様式にする)ので経済的に助かるという点です。

これまた近年増えている葬送様式です。

本来なら遺族がお墓を建ててその墓守をするのですが、次のような理由でお墓を建てずに管理を寺院霊園に任せるケースが増えているんです。

  • お墓を建てる費用が高いから
  • 子供に墓守の手間をかけさせたくないから
  • 身寄りのない方のため
  • 墓じまいのため・・・etc

具体的には「納骨堂」や「合葬」という形で遺骨を弔います。

 

納骨堂

 

引用:石長様HP

 

わかりやすく説明すれば、室内にコインロッカーのようなものが設置されてあり、そこへ遺骨を納める様式です。

費用や管理費はお墓を建てることに比べたら安いとは言っても、やはりそこそこはします。

その費用は数十万円から数百万円まで様々で、これまたその時に各自で具体的な金額を調べなければいけません。

場合によってはお墓よりも高くつくこともありますので、ちゃんと調べることが肝要です。

 

合葬墓(がっそうぼ)|合祀墓(ごうしぼ)

 

引用:鎌倉霊園様のHP

 

大きな共同墓地に他人の遺骨と一緒に埋葬する様式です。

これまた比較的安い墓地といわれていますが、やはり高いところは高いでの都度確認が必要です。

一般的な価格は、5~30万円です。

 

【合葬の注意点】

冒頭でも言いましたが、他人の遺骨と一緒に埋葬しますので基本的に後から遺骨を取り出すことはできません。

基本的にといったのは、普通の合葬では骨つぼから遺骨を取り出して他人の遺骨を一緒に埋葬するので、後から取り出すことそのものが無理なんです。

例外的に、骨つぼ入れたまま埋葬するのであれば後から取り出して改葬することも可能です。

 

散骨|自然葬の一種

遺骨を粉末にして海や山に撒く葬送様式です。

なので、お墓は作りません。

お墓を建てませんので寺院との煩わしい関係(檀家制度)や金銭的な負担が少ないのが魅力です。

近年、徐々にですが増えている葬送様式です。

 

手元供養

自宅供養とも言います。

読んで字の如く、遺骨を埋葬せずに自宅に保管して供養する様式です。

補足説明しておきますが、遺骨の扱いについての法律(墓埋法)で決まっているのは埋葬のことだけなんです。

つまり、埋葬しないのであれば自宅で保管するのは自由なんです。

 

近年増えている様式の一つです。

寺院との煩わしい関係やお墓を建てる費用を避ける人が増えているということでしょうね。

その増加に呼応して手元供養のサービスも豊富にそろっています。

遺骨をペンダントやネックレスに収めるタイプやミニ骨つぼやミニ仏壇・・・etc

各自の好みで安価な自宅供養が選べますので、これからますます増えていく様式でしょうね。

コメント