体感器や攻略法の空転売で儲けるネズミたち|攻略界隈の怪しい人々

紙幣

体感器攻略が全盛だった1990年代頃の話です。

パチプロといっても地道にクギ調整を見抜いて稼ぐジグマ、新台入れ替えのオイシイ時期を狙って店を回る開店プロ、そして攻略ネタで稼ぐネタプロといろいろいました。

いずれも真っ当な社会人が務まらないダメ人間ばかりでしたが、中でも攻略界隈にはダメ人間度の1番高い連中が多く居ました。

具体的に言えば、ゴト師、詐欺師、チンピラ、ヤクザに前科者といったところでしょうか。

とにかく得体の知れない連中が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)してましたね。

そんな怪しい連中が集まっている世界では、当然怪しい事ばかりなわけで・・・。

今回は攻略界隈に巣食っていた怪しい人間たちの話です。

キカイ(体感器)やネタ(攻略法)の転売で儲けるネズミたち

当時もっとも横行していたのがキカイやネタの転売でした。

ひどかったなー。

10万円で仕入れたキカイを20万円、30万円で卸してた(売りつけてた)んですから。

しかもダブルカウンタが必要な黄門ちゃまやアレンジマンで、シングルカウンタのキカイを売ったりとかね。

初心者だと分かりませんから、カウンタの重要性なんて。

何でもアリでした。

当時はキャッツ系の会社から低価格で高性能な体感器が売り出されていたので、昔ながらのネタ屋(体感器や攻略法の卸し)が商売に窮してそんなやり方を始めたのかも知れません。

現物売買のキカイならまだマシな方で、中には攻略のガセネタを空売りする連中も居ました。

「デジタルに337が出たらハンドルから手を放して3分間待つ。次に右打ちして盤面右のチャッカ―に球を3発通過させる。そしたら今度は~~~~~」

こんなデタラメを30万円とか50万円とかで売る。

全部デタラメですからね、仕入れも何もないわけで、ボロ儲けですよ。

売る方も売る方だけど、買う方も買う方です。

こんなデタラメで当たるわけないって考えないのかな。

更に言うと、これをネズミ式で売って行く奴も出てくるわけで。

例えばネタ屋から10万円で仕入れたキカイを、次のような口上でバカに売りつけるわけですよ。

「オマエには特別に20万円で卸してやるよ。それを売って出た儲けの半分はオマエが取っていいぞ。例えば30万円で売れれば10万円の儲けだから半分の5万円はオマエの儲けってことサ」

「俺には半分だけバックしてくれればいい。一応、卸しにマージン払わないといけないんでな」

「数が少ないから、俺の割り当て分が少ししかないんだよな。なんなら全部オマエに卸してやろっか?」

こんな感じで一度に5台、10台と「卸して」もらって、結局は1つも売れずに大赤字で泣いた連中が大勢居ましたね。

中にはうまく儲けることが出来た奴も居たようですが、ほんの一部だったと思います。

パチンコ屋の駐車場に行って、フロントガラスのワイパーに宣伝ビラを挟んだりってのもあったなあ。

「モンスターハウス 確変100%継続打法! 090-****-****」

「門外不出!CR花満開 必ず儲かる必勝法 090-****-****」

「スロットの設定をすべて6に変換する方法あります。090-****-****」

(※当時のケータイは090ナンバーばかりだった。余談ですが、今では中高生が当たり前のように持っているケータイも、当時はヤクザか風俗嬢ぐらいしか持ってなかったですね)

こんな感じの文句を適当に書いてワイパーに挟んでおくと、一定数の割合で必ず電話がかかって来る。

で、かけて来た人間の何人かに一人は必ず購入したらしい。30万円とか50万円の「攻略法」を。

(※不思議なことに、後からクレームが入ることは先ず無かったらしい。また、飛ばしケータイなので足もつきにくかった)

すべてが無茶苦茶。

無茶苦茶なんだけど、これでちゃんとした儲けが出てたっていうんだから不思議としか言いようがない。

当時この手の商売をやってた知り合いが、2年間でベンツとBMWとジャガーを次々と買い替えたのを憶えてます。(全部新車でした。彼らの立場上ローンは組めないだろうから、おそらく全額キャッシュでしょう)

かなり儲かってたんだろーなー。

何度か誘われたこともあったけど、今一つ勇気がなくて断った。

もし一緒にやってたら今頃は大金持ちになってたかも知れない。笑

いや、逆にあっちの社会から抜けられなくなって人生がおかしくなったかな。

今となっては懐かしい想い出です。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 開店小僧 より:

    なつかしい話ですね。
    モンスターとか花満開とか、当時の人気機種の名前が出てくるだけでも胸がいっぱいになってしまいました。
    私は体感器は使った事がありませんでしたが、新装開店でお小遣い稼ぎくらいはやってましたね。
    パチが終って帰ろうと車に行くと記事に書いてあるようなチラシがワイパーにはさんでたことが確かにありましたw
    うさんくさいから申し込んだことはなかったけど、、、。

    • のんき のんき より:

      >開店小僧さんへ
      コメントありがとうございます!
      同じ時期にパチンコと関わっていた人からのコメントは格別の想いがあります。
      あの当時は正規の攻略法で稼ぐ人も多く居ましたが、それを利用した詐欺で儲ける人も多く居ましたね。
      今は詐欺師ばかりのようですが。笑

  2. 元ヒラプロ より:

    パチンコの攻略法詐欺って昔からありましたね。わたしはヒラのジグマと開店で生活してました。体感器攻略もやってみたかったんですが、体感器代や攻略法代が高かったし、騙されるのが怖くて手が出なかったです。管理人さんは相当な腕前のようですが最高どれくらいの稼ぎがあったんですか?

    • のんき のんき より:

      >元ヒラプロさんへ
      コメントありがとうございます!
      攻略絡みの詐欺は本当に尽きませんよね。
      ヒラ打ちで食べていたとは恐れ入ります。
      ボクは攻略法があったから何とか稼げましたが、ヒラだったら果たして生活できたかどうか。
      かと言って、誰しもがキカイを使えば良いかというとそうでもありませんよね。
      ヒラプロさんが言うように、最初のネタやキカイの購入をどうするかが問題ですから。
      そこら辺は運でしょうか。
      ボクの稼ぎですが、黄門ちゃまやアレマンがあった攻略バブルの頃であれば一応月に7桁は超えていましたね。
      ですが、その頃は7桁ぐらい稼ぐ人はいくらでも居たので腕があったとはいえないですよ。その他大勢の中の一人でした。

  3. 元攻略プロR より:

    こんにちは

    昔、アレマンの体感をやってましたw
    某パチンコ雑誌に連載していた****という攻略プロ兼ライターが北海道に弟子を連れて稼ぎに行った日記を連載をしていたのを憶えてますか?
    その人は自分が考え出した秘密の打法で荒稼ぎしたって書いてましたが、どんな打法だったのか分かりますか?
    また、管理人さんは攻略で北海道に行ったことありますか?

    • のんき のんき より:

      >元攻略プロRさんへ
      コメントありがとうございます!
      マガジンの山岸さんのことですよね?(別に伏字にしなくても良いですよ。笑)
      当時のパチンコ雑誌には珍しく本格的な攻略記事でしたね。
      現場のネタプロ自らが書いた記事って山岸さんともん吉さんぐらいだったと記憶しています。
      なつかしいです。

      アレマンの打ち方ですが、おそらく「2コ1」のことだったと思います。
      店員や周囲の眼がきつくて完全単発が上げられなくなった時期には、全国のネタプロがそうしていましたから。
      なので「秘密の打法」という事でもないと思いますけど、これ以外に打ち方があったのならボクにはわからないですね。
      知り合いのパチンコライター氏からもそう聞いた覚えがありますので「2コ1」であってると思いますよ。

      ボクはさすがに北海道までは行ってませんね。
      東北地方の一部にチョット入っただけです。
      みんなで行こうかって話もあったんですが、諸事情で中止になりました。
      行ってみたかったですねえ。

      • 元攻略プロR より:

        ていねいなお返事恐縮です。
        のんきさんがおっしゃる「山岸プロ」に間違いありませんw
        やはり「2個1」でしたか、そうじゃないかと思たんですが他に打ち方があったかと思ってお聞きしました。ありがとうございました。
        もしかして、のんきさんはパチンコ雑誌などで記事をお書きになっていた事がある方でしょうか?
        文章がプロみたくて読みやすいです。
        もしかしてパチマガで連載してた「もん吉くん」?

        • のんき のんき より:

          >元攻略プロRさんへ
          お褒めいただき光栄です!
          プロではありませんが、小遣い稼ぎ程度のwebライターをやっております。

          紙の方は20代の頃に知り合いのパチンコライター氏を通じて原稿を書いた経験が数回あります。
          当時はパチンコ雑誌に勢いがあって、パチプロで且つ文章が書ける人が不足していたからボクにも声が掛かったんでしょうね。
          (知り合いのパチンコ好きな大学生にも原稿依頼が来ていたくらいでしたから)

          人間関係もあったし一生懸命書いたんですが、いろいろな事情で「署名記事でもなく、原稿料も支払われず、その上一読者からの投稿記事」という扱いで終わってしまいましたが・・・。
          所詮、パチプロなんて遊び人のゴミくらいにしか思われてなかったんでしょう。

          それに比べると今はネットの普及によって、自分の自由に情報発信ができる良い時代になりましたよね。
          間に入った人間の恣意的な加工・修正が入らない分、発信する側も受け取る側も鮮度の高いリアルな情報に触れることが出来ますから。
          あ、それと最後になりましたがボクは「もん吉」さんではありません。期待していたのならゴメンナサイ。笑