鍵が抜けない時の対処法

ドアの鍵

先日、家の鍵が鍵穴から抜けなくなってしまい(開け閉めは可能)右往左往した時の体験談です。

その時はガチャガチャとやっていたら5分程で抜けたんですが、今後の事を考えて鍵のメンテナンスや対処法を調べてみました。

(※後でわかったんですが、ガチャガチャと力ずくで引き抜くってのはNG行為みたいですね。笑)


前提知識:鍵が抜けない原因2つ

ちょっと回りくどいんですが、結論の前にコレだけは頭に入れておいてください。

でないと、以下の対処法の意味が分からないと思いますので。

鍵が抜けないのは鍵山の噛み合わせが悪いからですが、具体的には次の2つが原因です。

  • 鍵穴内部にチリやホコリが溜まってて噛み合わせを邪魔している
  • ギザギザの鍵山の部分が変形してて噛み合わせを邪魔している

この事を踏まえて、次へGO!

結論:鍵が抜けない時の対処法4つ

  • 鍵を上下左右に動かす
  • エアーダスター噴射(自転車の空気入れ代用可)
  • 掃除機で吸い取る
  • 潤滑油スプレー(鍵専用)

今現在、鍵が抜けなくて困っている状態なら先ずは上の4つのことを試してください。

この4つをやってもダメなら、残念ながら業者を呼ぶしかないです。

ですが、多分どれかで抜けると思いますよ。

では、各対処法についてポイント解説します。

鍵を上下左右に動かす(注:やさしく)

先ずはコレです。というか、コレしかありません。

鍵を上下左右に小刻みに動かしながらゆっくりと引っ張ってみるんです。

上下左右に小刻みに動かすことで鍵山の凹凸の部分に挟まっているゴミを振るい落とすわけです。

まあ、これぐらいのことは既にやっているかも知れませんけど、念のためにもう一回チャレンジしてみてください。

意外とコレを数回繰り返して抜けたってケースが多いんで。(わが家もそうでした)

その際には、決して力ずくで引っ張ってはいけないですよ。

それをすると、抜けたとしてもシリンダー(鍵穴の中身の部品)内部が壊れてしまいますから。

具体的にはギザギザの鍵山の部分がバカになってしまうってことです。

すると、鍵そのものを交換しないといけなくなって高くつきますからね。

また、大丈夫とは思いますけど鍵を引き抜く位置も念のため確認してくださいな。

こういう時って、気が動転して本来鍵を引き抜くべき位置を間違えてることもアリがちなので。

(例:開け閉めした位置から180度戻す)

エアーダスター噴射(効果絶大&メンテナンスの必需品)|自転車の空気入れも代用可

実はコレが結構効きます。

鍵と鍵穴の隙間にエアーダスターのノズルをあてて鍵穴内部へ噴射してください。

鍵の噛み合わせ(接触)を悪くしているチリやホコリをエアーダスターで吹き飛ばすんです。

ちなみに、鍵穴に空気を噴射するという意味では他の代用品もアリです。

具体的には自転車の空気入れなんか使えますよ。

※PCのメンテにも使える管理人イチオシ、エレコムのエアーダスター。逆さでも使えるのが良いです。↓↓↓

掃除機で吸い取る

上のエアーダスターがなければ掃除機で代用してみましょう。

原理は同じです。

鍵穴に掃除機の吸入口をあててスイッチオン!

エアーダスターは鍵穴に空気を噴射するのに対して掃除機は逆に吸い取るんですが、どちらも鍵穴内部のゴミを取ることが目的です。

ただ、エアーダスターの方が強力だとは思いますけどね。

もしも掃除機でダメなら、近所のホームセンターか家電屋に行ってエアーダスターを買ってみることをおすすめしますよ。

エアーダスターはPCのメンテナンスに使うから家電屋でも売ってます。ただし割高なのでホームセンターやネットの方がお得です。

鍵専用の潤滑油スプレー

実はコレを持っている人は既に自分で解決していると思うんですが、一応挙げておきます。

鍵の滑りをスムーズにするための潤滑油スプレーを注入するんです。

具体的には、鍵と鍵穴の隙間にスプレーのノズルをあててシュッシュッとやるだけ。

それだけで鍵穴内部に潤滑油がしみ込んで抜き差しがスムーズになります。

ただ一点、注意する事があります。

それは鍵専用の潤滑油でないといけないってこと。

潤滑油代わりに食用のサラダ油とか自転車用のオイルを鍵穴に入れる人が居ますが、それはNGですよ。

専用以外の油を鍵穴内部に入れてしまうと、サビの原因になったり、ゴミが固まってしまったりして反って悪い状況になりますから。

※鍵の大御所ミワの潤滑油スプレー↓↓↓

まとめ&鍵穴のメンテナンスのすすめ

最後になりましたが、普段から鍵穴のメンテナンスをしておくと良いですよ。

メンテナンスといっても、鍵の抜き差しがスムーズにいかないなあと感じた時に記事の中にあることをやるだけです。

個人的には、エアーダスターと専用潤滑油の2つで十分だと思ってます。

それらを半年に一回ぐらいやるだけで十分ですから。

【オマケの節約法】

最後にオマケの節約法として潤滑油の代用品を紹介。

鍵専用の潤滑油の代用品として鉛筆の芯が使えます。

鉛筆の芯には黒鉛という成分が入ってるんですが、その黒鉛は鍵専用の潤滑油にも使われているんです。

鉛筆の芯を鍵のギザギザ部分に擦りつけて塗って、それを鍵穴に数回抜き差しする形で内部の鍵山に塗り込めば潤滑効果があるんです。

(※鉛筆は芯が柔らかいBとか2Bがおすすめ)

まあ、専用の潤滑油でスプレーした方が効果は良いですけどね。笑

以上、長々と書いてきましたが、これらを試してもダメならあきらめて鍵業者を呼びましょう。

自分でムリヤリ変な事をすると反ってお金がかかる羽目になりますので。

以下のサイトで日本全国の地域の鍵屋さんを検索できますので、よろしかったらどうぞ。↓↓↓