戒名とは?そのランクや値段の相場の総まとめ

戒名ってよく耳にはしますが、正確にその意味を知っている人は稀です。

なんとなく「人が亡くなった後で名付けられるもう一つの名前で、位牌の表面に記されるもの」ぐらいの知識ではないでしょうか。

 

概ねそれでいいのですが、イザ葬儀となるとちょっとまずいです。

というのも、お寺にお墓を作る際には「戒名」を巡って金銭のトラブルが起こりやすいからです。

平たく言えば、お金をボッタくられるということです。

 

そうならないように知識を付けて防衛しましょう。

ここでは戒名についての総てを記して行きます。

 

スポンサーリンク

戒名とは?(=法名=法号)

戒名(かいみょう)とは、出家して仏の弟子になった人に与えられる名前です。

現代ではその意味合いは薄れ、亡くなった人が寺院墓地に入る(納骨)時にお寺から授かる名前の意味で使われます。

コジツケを言うと、故人が寺院墓地に入ることは仏門に入ることと解釈されるので戒名が必要とのことです。(戒名はお寺に頼んで付けてもらうのですが、かなり高額です。後述)

 

戒名は絶対に必要だと思っている方が居ますが、それは間違いです。

戒名が必要なのは寺院墓地に納骨するケースだけで、霊園や散骨では必要ありません。

ちなみに戒名に対して俗世間での名前は俗名(ぞくめい・ぞくみょう)といいます

厳密に言えば、浄土真宗では法名(ほうみょう)、日蓮宗では法号(ほうごう)とも言います。

 

スポンサーリンク

戒名のランク

戒名は次の4つの部分というかランクに分けることが出来ます。

  • 院号・院殿号(いんごう・いんでんごう)
  • 道号(どうごう)
  • 戒名(かいみょう)
  • 位号(いごう)

 

それぞれについて見て行きましょう。

院号・院殿号(いんごう・いんでんごう)

戒名の1番上につける名前で、非常に偉い人につける最高ランクの名前。

もともとは寺社の建立に大きく貢献した人に与える名前でした。

特に「院殿号」は、将軍やお殿様といった社会的に偉い人だけが付けられる名前でした。

ちなみに普通の人は院号や院殿号といった戒名は付けません。

付けるか付けないか(買うか買わないか)は自由です。

 

道号(どうごう)

戒名の直前につける名前で通常は二文字です。まあまあ偉い人につける名前。

院号や院殿号の次に偉い人に与えられる名前ですね。

これまたお高いです。

もちろん付けるかどうかは自由です。

 

戒名(かいみょう)|本来の戒名

故人につける本来の戒名。通常は二文字の名前です。

寺院側の商売的な事情?から院号や道号を付加するケースが増えて来ましたが、本来はこの二文字だけを戒名といいます。

 

位号(いごう)

戒名の下につける尊称で年齢、性別、地位により異なります。「~さん、~様」的な感じ。

これまた細かいランク付けがあって、以下のようになってます。

  • 成人男性ならランクの高い方から「大居士」⇒「居士」⇒「禅定門」⇒「清信士」⇒「信士」
  • 成人女性ならランクの高い方から「清大姉」⇒「大姉」⇒「禅定尼」⇒「清信女」⇒「信女」
  • 男の子なら「童子」⇒「孩子」⇒「嬰子」
  • 女の子なら「童女」⇒「孩女」⇒「嬰女」

 

戒名の具体例

たとえば横書きで申し訳ないんですが(本来は縦書きが基本です)

『**院##●●居士』

という戒名があれば、「**院」が院号、「##」が道号、「●●」が戒名、「居士」が位号です。

本来「戒名」とは故人みんなにつける●●の二文字の名前だったんですが、今は広い意味ですべてを含んだ全体の名前を「戒名」と言います。

また、院号や道号というのは特別に偉い人につけるものであって、普通は要りません。

 

具体例を挙げます。

  • 福沢諭吉|大観院 独立 自尊 居士・・・大観院が院号、独立が道号、自尊が戒名、居士が位号
  • 石原裕次郎|陽光院 天真 寛裕 大居士・・・陽光院が院号、天真が道号、寛裕が戒名、大居士が位号
  • 近藤勇|貫天院殿 純義 誠忠 大居士・・・貫天院殿が院殿号、純義が道号、誠忠が戒名、大居士が位号

 

【休憩タイム】

では、ここでクイズです。

次の戒名は一体誰のものか分かりますか?(答えは記事ラストに掲載)

  1. 茲唱院 美空 日和 清大姉
  2. 文献院 古道 漱石 居士
  3. 等持院殿 仁山 妙義 大居士

【ヒント】1は道号、2は戒名に注目。3は院殿号が付いてて位号が最高ランクの「大居士」なので相当な偉人のようですが・・・。

 

スポンサーリンク

戒名の値段の相場|トラブルが多い

普通の庶民が亡くなったのであれば、戒名といえば●●の二文字だけだったのですが、商売上の事情から道号や院号や位号などを付加させることが多くあります。

名付けるだけなら良いのですが、ランクの高い名前を付加すると高額な料金がかかります。

 

大体の金額の目安を記すと以下のような感じです。(金額は1番頭の院号・院殿号と末尾の位号が影響する)

戒名 信士・信女 居士・大姉 院信士・院信女 院居士・院大姉
値段 30~50万円 50~70万円 70~100万円 100万円~

 

高いでしょう?

たかが名前を付けてもらうだけでコレですよ。

「坊主丸儲け」とはよく言ったもんだなあと思いましたね。笑

 

しかも、戒名絡みの商売の仕方が腹が立つ。

身内が亡くなって心が弱っている時に近寄ってきて、アレコレと心理的な揺さぶりをかけて来るんですから。

 

たとえば、こんな具合です。

「最後の親孝行ですから院号ぐらいはお付けになっては如何でしょうか」

「これまで育ててもらった御恩をお返ししましょうよ」

「みなさん、戒名で親御さんへの感謝の気持ちを表すものなんですよ」

そんなこと赤の他人の、しかも商売目的の業者なんかに言われたくありませんよね。

 

戒名だけではありませんが、お寺との関係では何かとワケのわからないお金を請求されることが多いのがこの業界です。(当然、間に入っている葬儀業者も絡んでます)

現代では、こういったことに嫌気がさしてお寺離れが進んでいるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

【クイズの答え】

  1. 美空ひばり
  2. 夏目漱石
  3. 近藤勇(新選組の偉い人です。幕末に活躍した歴史上の人物)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
葬儀葬式
のんきをフォローする
のんきラボ

コメント

ツイッター

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログ村

タイトルとURLをコピーしました