鍵(紛失)をなくしたので鍵業者を呼んだら高いボッタクリ料金を盗られるから要注意

詐欺営業マン

以前、鍵が抜けなくなった時の即席対処法の記事を書いたと思います。

鍵が抜けない時の対処法

その時は簡単な対処法で解決したんですが、もし鍵の専門業者を呼ばなくてはいけない状況になったら一体どれくらいの料金がかかるんだろう?

そう思って調べてみたところ・・・ビックリ仰天の情報が得られました。

タイトルのまんまなんですが、鍵屋ってめっちゃボッタクリ商売らしいんですよ。

鍵のトラブルなんて意外と日常生活で起こりうるわりには我々は鍵について知りません。

しかも家の中に入れないという緊急性もある。

そんな我々の無知と緊急性に付け込んで滅茶苦茶な金額を吹っ掛けてくるのが鍵屋の手口です。

ここにまとめた内容を頭に叩き込んで、イザという時に備えてくださいね。

鍵屋に電話で問い合わせても料金は教えてくれない

鍵を紛失したことに気付くのって、おそらく家のドアの前だと思うんです。

それが昼間であれば不動産屋や大家さんに電話してスペアキーを持って来てもらうとかもアリですが、早朝や深夜だったらそうも行きませんし、たとえ昼間でも日曜・祝日だとやはり連絡がつかないでしょう。

そうなると次はスマホでggりますよね、鍵業者を。

で、検索上位にある業者に電話しますよね。

そしてコチラの状況を説明して大よその料金を尋ねます。

ところが、鍵屋は料金を教えてくれません。

「実際に状況を見てみないと料金はわかりませんね~」

「現場で鍵の種類や形状を確認しないと何とも言えないですね~」

などといったアヤフヤな返事しかしません。

ほとんどの人は仕方がないので料金不明のまま鍵屋に来てもらうことになるんですね。

ちなみにこの段階で既に「出張料金」や「時間外料金」なるものが発生しています。

(※早朝や深夜は特に注意で、時間外料金を取られる可能性が大です)

現場に来た鍵屋はバカ高いボッタクリの料金を提示するのがお約束

現場に来た鍵屋はまずに恭(うやうや)しく鍵のチェックすると、バカ高いボッタクリ料金を提示して来ます。

その際に高い料金を正当化する方便として、鍵の種類にかこつけるのが常套手段のようですね。

ネットで検索してみたところ、下は数万円から上は20万円とかなりの幅がありました。

本当なら自分のリアル知人からの情報が欲しかったんですが、ボクの周囲には鍵屋の世話になった(ボッタクられた)経験のある人が居ませんでした。

料金の幅が異常に広いのは、鍵の料金には相場がなく鍵屋の言い値で決まるからです。

つまり、鍵屋は客の懐具合を見計らって出来るだけ高い値段を吹っ掛けるのです。

ですが、この段階ではたとえ10万円以上の料金を提示されても拒否できる人ってほとんど居ないと思います。

原因は知識不足です。

「高いなー」とは内心思いながらも、知識の無さから「そういうもんかなー」と受け入れてしまうんですよ。

で、家の中に入って一息ついてからネットで調べて初めてボッタクリだったと気付くわけです。

ボッタクリが当たり前の鍵業界なのでコレコレが妥当な料金ですってのはないんですが、ボクが調べた感じでは「1万数千円~せいぜい数万円」が正常な料金の気がしますね。

どんなに複雑な鍵だったとしても流石に5万円オーバーは完全におかしいと思います。

呼んでいい業者、呼んではいけない業者

では、一体どうすればいいのか?

ボク自身が経験したわけではないので偉そうには言えないのですが、実際に鍵のトラブルに遭遇して鍵屋を呼んだ人の記事を参考に以下の事を頭に入れておけば良いと思います。

【絶対に呼んではいけない鍵業者】

  • 鍵のレスキュー
  • 鍵の110番
  • 鍵の救急車

※これらは「Rセキュリティー」という会社が名前を変えてやっているだけで、すべてボッタクリ業者らしいです。

そして万が一の時にはここなら大丈夫というのが以下の会社。

名前が似ていて紛らわしいので、お間違いないように。

ここはあらかじめ料金の見積もりを出してくれるし、キャンセル料もかからないので良心的ですね。

【見積もりOKでキャンセル無料の明朗会計な鍵業者「鍵の救急サポートセンター」↓↓↓】

鍵の救急トラブルに365日年中無休、出張見積り、キャンセル¥0で安心スピード対応!

※この記事作成にあたり非常に参考になった良記事を2本挙げておきますので、どうぞ。

鍵のレスキュー呼んだら11万円取られた / 追記あり

【鍵開け】自宅の鍵をなくして業者に頼んだら「3万円になります」と言われた件

シェアする

フォローする