CRモンスターハウスに取って代わった羽根モノ・ヘブンブリッジ(西陣)

パチンコ台

出典:nobのおもちゃ箱~懐かしの名機たち~

1995年に西陣から登場した羽根モノ「ヘブンブリッジ」です。

なつかしい台ですね。

この台は人気があったみたいで羽根モノにしてはかなり設置店が多く、また設置期間も長めだったと思います。

今回はこのヘブンブリッジを酒の肴に一献。

当然、ボクが採り上げたからには攻略のターゲットになっていたわけですが。

最後の大物は初めから終わっていた!?

この台が出回っていたのは、体感器攻略がピークを過ぎて末期へと向かう時期でした。

「CR黄門ちゃま2」や「アレンジマン」といった大ネタが終り、最後の大物と言われた「CRモンスターハウス」が登場したのとほぼ同時期だったと思います。

モンスターの攻略はお馴染みの体感器を使った「止め打ち&連チャン促進」のキカイネタ、ヘブンの方は回転体を狙って止め打ちをする紙ネタでした。(紙ネタ:体感器を使わないネタ)

(参考)

◎CRモンスターハウスの時給単価はおおよそ4000~5000円と言われてました。ただし、この単価はパチンコ屋の状態によって大きく変わったと思います。

◎ヘブンブリッジの時給単価は2000円前後。

普通ならモンスターがあるのですから羽根モノの止め打ちなんてしないところなんですが、この時に限っては事情があってこのヘブンブリッジが大活躍してくれたんです。

その事情というのは、直前の黄門ちゃまやアレンジマンの体感器攻略が原因で全国的に店側の警戒がキツクなっていた事と、当時マスコミを賑わしていた攻略軍団の露出です。

黄門ちゃまやアレンジマンの体感器攻略の被害を受けて、ただでも店側の目が厳しくなっていたのに加えて、当時注目を浴びていた攻略軍団がTVで幾つかの機種を挙げて攻略を明言したらしいのです。(※残念ながら、そのTVは観ていなかったんですが後から仲間に聴きました)

彼らを有名にした「春一番」を始め、いくつか挙がった機種の中にはモンスターも入っていたとのこと。

TVでそんなことを放送すれば、当然お店側だってそれらの機種には一層警戒を強めるのは眼に見えてます。

どのパチンコ屋に行ってもモンスターのコーナーは攻略しづらい空気でしたね。

意外と新鮮だった紙ネタのヘブンブリッジ

そこで攻略ターゲットの矛先がヘブンブリッジへと向いたわけです。

何といっても、このヘブンはキカイを使わないので精神的な負担がウンと軽くなりました。

それに店側も羽根モノにはノーガードだったので楽でしたね。

また時給単価は2000円あるかないかの低時給だったんですが、それが幸いしてか同業者があまり触らなかったのも好都合でした。

これがキカイを装着しての2000円だったら、とてもじゃないけどやってられなかったと思うんですが、以上のような利があったのでボクはモンスターよりもヘブンを打ってました。

もともとが人気のある面白い羽根モノでしたから、止め打ちの煩わしさを考慮しても楽しかったというのもありましたしね。

※余談ですが、ヘブンブリッジというのは「heaven bridge」で意味するところは「天国への橋」でしょうが、厳密に言うとコレは「bridge to heaven」が正解です。

更に言えば、この機種の命名者はレッドツェッペリンの「天国への階段|stairway to heaven」をもじったのかも知れないと個人的には思ってるんですが、深読みのし過ぎでしょうか。笑

お小遣い稼ぎにはちょうど良いけど、生活収入としてはイマイチ

楽しみながらする時給2000円のパチンコは、お小遣い稼ぎにはちょうど良かったんですが生活収入としてイマイチでした。

そもそも、時給2000円とは言っても1日10hで日当2万円とはいきません。

同じ店で朝から晩まで羽根モノを何回も「終了」させること自体が無理な話で、そんなことをすれば早々に店から追い出されることになります。

ちなみに「終了」というのは1990年代にあった羽根モノ特有のハウスルールで、だいたい3000~4000個出たらいったん出玉を交換するというものです。

その後、同一台を現金で再プレー可能な店もあれば不可な店もありましたね。今から考えればかなり厳しいルールです。

出る台を特定の人に独占させずに他のお客さんにも打たせようという趣旨だったと思います。

そういう厳しいルールがある羽根モノでしたから、一軒の店で何回も止める(終了させる)のは気まずいものがあったんです。

ところが、いくら設置店の多いヘブンとは言っても次の(ネタ打ちが使える)店までの移動には結構時間がかかったりしたので、結局は1日に1台か若しくはちょっと頑張って2台めを止めるのがやっとこでした。(日当にすると平均1万円前後)

この時期のボクはヘブンの他にも開店回りや平常での平打ちなどを混ぜながら誤魔化し誤魔化しやっていたのですが、徐々にパチンコから遠のいて行った時期でもありました。

この後、用事がありますので一旦ここで区切ります。

ヘブンブリッジ&モンスター絡みの続編は以下の記事です。よろしかったら読みに行ってくださいね。

攻略プロ廃業のキッカケとなった唯一の黒星「CRモンスターハウス」

シェアする

フォローする