【2017/2/10】ニート祭りがあったらしい

昨日(2/10)、東京の三軒茶屋というところで「ニート祭り」があったらしい。

小屋暮らしで有名なかつやさんの「田舎暮らしにあこがれて」の記事で知りました。

ボクの住んでいる地方からは遠すぎて行けなかったけど、かつやさんのブログを見ればその日の雰囲気が十分伝わって来ました。

それに乗っかってボクもBライフ論というかニート論というか・・・まあ色々とクチバシをはさんでみます。

スポンサーリンク

界隈のオールスター勢揃い

当日、かつやさん以外にはphaさん、山奥ニートさん、それに写真から察するに氷川さん?だろうか、有名人ばかり。

他にはNPO法人「ニュースタート」も絡んでたみたい。

その界隈の有名人が勢ぞろいと言った感じですね。

隠遁生活は基本孤独だから成り立つ

ああいう催し物があると、ついついうらやましいなあとか人とのつながりを恋しく思ったりするんだけど、現実にはたまに会うから良いんであって毎日のように顔を合わせていたら色々あると思う。

人間は良い部分と悪い部分があって、たまに会うから良い人でいられるっていうところがあるからね。

ずっと一緒に居たらどうしても悪い部分が目につくし、それがもとで関係性が壊れたりする。

だからやっぱり年に数回、それも短時間だけ会うってのが良いんだろう。

心静かな山奥暮らしやニートといった隠遁生活は、あくまで自分独りだから成立するんだ。

僕自身、どんなに親しい友人とでも長時間は疲れるし、どちらかと言えば独りで居る方が気楽でいい。

人と会うのは、あくまで日々のアクセントっていうか、うどんに入れる七味みたいなモノ。

ホンのちょっとでいいんだよ。

入れ過ぎると味が台無しになってしまう。

ネットはBライフにとって最強ツール

とはいっても完全な孤独というのもこれまたキツイ。

ほどほどでいいから人とのコミュニケーションがあった方が良い。

その点、インターネットはまさに打って付けのツールだ。

そんなに親しくないか、もしくは面識がなくてもブログやツイッターなんかを通して興味のある人に触れることが可能だし、その気になればリアルで会う段取りをつけることだってできる。

ゆるいつながりってのが心地良い。

Bライファーとかニートは基本的に集団行動が苦手な個人主義者だから、”ゆるさ”ってのがないと息が詰まって死んじゃうんだよね(笑)

おっと、そろそろ眠くなったんで寝ますかね。

この記事も「Bライフ」カテゴリだから、気ままに書いて気ままに終わることにするよ。

じゃ、おやすみなさい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする