【ネタバレ注意】「キングスマン|ゴールデン・サークル」観てきたよ

キングスマン2

出典:「キングスマン|ゴールデン・サークル」公式サイト

本日、2018年1月5日封切りの「キングスマン|ゴールデン・サークル」を観て来たんで、さっそく感想記事を1本。

キングスマンの公式サイトにも詳しすぎる(?)あらすじが載ってるんで、キングスマンファンの方々はだいたいのストーリーの予想はついていると思うんですが、一応言っておきますネ。

この記事は完全にネタバレ記事なので、まだ観てない方はここでSTOPした方が良いですよ。

あくまでも鑑賞後の語らいの場ということで、お願い致します。

では、GO!

前作の名コンビからスタート!

前作の懐かしい名コンビ、主人公のエグジー(タロン・エガートン)と禿げ頭の教官マーリン(マーク・ストロング)が颯爽と登場するのですが、序盤でいきなり闇の麻薬組織ゴールデン・サークルからの不意打ちでキングスマンの全拠点が壊滅状態に追い込まれます。

マーリン

出典:公式サイト

ちなみにゴールデンサークル側の手先としてエグジーの前に立ちはだかったのは、前作でキングスマン失格となり敵に回った元研修生のチャーリー(エドワード・ホルクロフト)。

またもやコイツが邪魔をする憎らしい役どころです。

ハリーが生きていた! でも様子が変

残されたエグジーとマーリンの2人は闇の麻薬組織ゴールデン・サークルへと立ち向かうのですが、ひょんなことから超アメリカン風味のスパイ機関ステイツマンと手を組むことになります。

しかもなんと、ステイツマンの本部には前作で死んだはずのハリー(コリン・ファース)が!

大喜びで再会したところが、ハリーの様子がなんか変。

実は記憶を喪失していて、自分がキングスマンのメンバーだったこともエグジーやマーリンのことも忘れてしまっていたんです。

ハリー

出典:公式サイト

前作を思い出して頂きたい。

確かハリーは頭を撃たれて死んだはず。

実はあの直後にステイツマンのメンバーに助けられたのですが、頭を撃たれた後遺症で記憶が一時的に無くなってしまったというわけ。

なんとかエグジーとマーリンの友情の甲斐あって徐々に記憶を取り戻していくハリーですが、回復の度合いを計るためか、酒場で荒くれ者たちを相手にウォーミングアップをするシーンがあるんですが、ココは名場面

例の決めセリフ「礼節が人を創る~」と共に出入り口のカギを1つ1つ閉めて、傘の柄でグラスを引っ掛けてヒョイとやったところが・・・まさかのドハズレ。

まだ完全回復とは行かない様子のハリー。

そんな覚束ないハリーを見て、ステイツマンのメンバーであるウィスキーが偉そうに上から目線で言います。

(※ウィスキー:ステイツマンのメンバー。一緒に協力してゴールデンサークルと戦う仲間。ただし、後半でいろいろある)

ウイスキー

出典:公式サイト

↑↑↑コイツが偉そうにハリーの事を見下して言った。

「言っちゃあなんだが、そっちの年取った方(ハリーのこと)に現場は無理だな」

この場面で、復調が不完全なハリーをかばうエグジーの姿が胸にグッと来ましたね。

外人でも師弟愛とかわかるんだなって思いましたよ。

クライマックスは全員で突撃

後半はエグジー、ハリー、マーリンの3人で敵地へと乗り込むんですが、ここがまた名場面。

ジャングルの奥地にある敵のアジトへ向かう際中、エグジーがうっかり地雷に足を乗せてしまうんですね。

絶体絶命。

ほんの一瞬なら起爆を遅らせられるという裏ワザをマーリンが施したと思いきや、ドンとエグジーの身体を押しのけ瞬間的にサッと地雷の上へ自分の足を乗せました。

エグジーの身代わりになったというわけです。

ここは細かいことは言わないでほしい。

どうしても3人ともに地雷から避難は出来ないという設定で観てください。

この場面が泣くんですよ。

マーリンが言います。

「エグジー、キミのお父さんに私は命を救われたんだ」

そう言って、手で離れろと合図。

エグジーを促してその場を離れるハリー。

そして、マーリンは突然歌を歌いだして敵の注意を惹きつけます。

歌声を不審に思い、敵の兵士が近づいてきたのを見計らって・・・ドカーン!

ココ、ホントに泣けますからね。

前作のハリーの件もあるんで、できれば3作目で「実はマーリンは生きていた」とかならんかなあ。

この後は、エグジーと完全に復調したハリーの師弟コンビで敵のアジトへ乗り込んで大勝利、と思いきや・・・。

狂信のウイスキー登場

ラストはコイツ、ウイスキー。

実はウイスキーは雑に言うと味方ではなかったんです。

ステイツマンというスパイ組織はちゃんとした同盟組織だったんですが、ウイスキーは個人的にゴールデンサークルと利害関係の方向性が一致していたので、流れ上エグジーとハリーとは敵対するというわけです。

ここら辺、雑な解説で申し訳ないですが、さすがに全てを書くわけには行かないので「ある見せ場」だけを省いている関係上、どうも話がギクシャクしてしまったみたいです。

その「ある見せ場」というのは敢えてここでは書きません。

ボクの経験では、だいたいこういう記事って2割くらいの人はまだ見てない人がついうっかり読んでしまってるもんなので、1番の名場面は言わずに置きます。

で、話を元に戻すと、師弟コンビvsウイスキーの戦いとなるわけですが、まあ師弟コンビが勝ちますよね。笑

で、めでたし、めでたし、と相成ったわけです。

まあ、まだ観てない人はいたら是非、劇場へ足を運んで観てください。

この手の軽妙なアクションモノではここ数年でNO1だと思いますよ。

じゃ、ここら辺で。

最後に、公式サイトから予告動画を貼っておきますね。

シェアする

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.