人間失格/独りぼっち/自分て廃人なんじゃないだろうか問題

最近いろいろあって心身ともにグッタリです。

こういう時って夢見も悪いし、思考もダウナー系になりがち。

いつも思い出すのが大学時代のこと。

あまり良い想い出はないんだけれど・・・。

スポンサーリンク

入学していきなりヤル気なし

大学に入ってもロクに授業に行かず、いきなり昼夜逆転生活でスタートしましたね。

完全にヤル気なし。

夕方ぐらいに起きて、パチンコに行って、帰りにゴハンを食うといった生活。

周りの同級生たちはナンヤカンヤ言っても大学生活をエンジョイしているというのに、自分と言ったら・・・。

大学ってのは良くも悪くも自由だからボクみたいにエアーポケットにハマってしまうとドンドン堕ちて行ってしまう。

独りぼっちは気楽だけど・・・

そんなだから独りぼっちになるのに時間はかからなかった。

1ヶ月もするとクラスの人間関係が固まって行って、すっかり出遅れた自分はまるで異邦人て感じになってたなあ。

ますます大学に行くのが嫌になって、いつしかパチンコ屋がボクの大学になってたよ(笑)

たまたまあの時は、小遣い稼ぎ程度のパチンコなら何とかなってたからそうなったんだけど、そうでなかったらまた別の人生があったのかも、なんて今でも思う。

意外と心地良かった独りぼっち

でもまあ、意外と心地よかったんだよ、独りってのが。

性に合ってたみたい。

やっぱ、嫌な奴と無理してまで付き合わないですむ気楽さっていいよ。

例えそれが孤独な生活とワンセットになってても、十分お釣りがくる。そう思ったな。

以来、ボクの人生はぼっち続き。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする