アフィリエイトのスタイルについて

アフィリエイトを始めるにあたって、初心者の俺が先ずやったことは1カ月ほどの下調べだった。

本はそのほとんどが薄っぺらい内容で役には立たなかったので有名なのを5冊ほど読んだだけ。

後はネットで色々な人のブログを読みに行ったり、有名であろうアフィサイトを見に行ったりした。

で、その結果強く思ったことが以下の3つ。

  • 最初の半年~1年は苦しい
  • 専業(もしくはそれに近い状態)でないと上手く行かない
  • やり方は人それぞれで、決まった型は無い

それぞれについて思った事を簡単に。

スポンサーリンク

★最初の半年~1年は苦しい

これは収益がアガらないってこと。今の俺がまさにその時期だから痛いほど分かるよ、コレ(笑)

書いても書いても収益どころか、そもそも読みに来てくれる人が居ないんだからお話にならない。

はてなブログやアメブロみたいなところだったら、比較的交流が始まりやすくてお互いのブログを読み合ったりってのがあるから良いんだろうけど、外部のワードプレスとなるとまるで無人島状態になる。

ただこれは人の性格によりけりで、人付き合いの苦手な人はこの方が良いだろう。ブログ友達が居ることが必ずしも良い事だとは限らないから。

それに、この「ブログ友達から発生するPV(例えばブクマから)」はアドセンスには有効みたいだけれどアフィリサイトの主目的である検索PVとは性質が違う様なので、精神的な支えにはなってもカネ的にはあまり関係がないのではないかと思う。

孤独なのは我慢するしかない。どうしても我慢できないのなら(そもそもアフィリぐらいで我慢も何もないと思うけど)、はてなブログでやるのも良いが、その際にはあの独特の空気に埋もれないように注意が要る。

(はてブロで1年ほどやった経験から1番要注意だと思うのが”馴れ合い”だと個人的には思ってる)

収益もPVもなかなか上手く行かないこの時期をナントカ乗り切ることが、第一ステージの最大の課題。気合と根性しかない。

この時期はとにかく記事を書いて行くしかない。結果は後から判断するしかないのだから。

★専業でないと上手く行かない

これは単純に時間の問題。

稼げるアフィサイトを作成しようと思ったら学習したり、調べたりといった作業が相当量必要になる。

俺の個人的な感覚では未知のジャンルを扱う場合、7~8割が調査・学習作業で記事作成は2~3割といった感じ。

日記ブログ(例えばこのブログなんかがそう)であれば1~2hもあればチャチャと終わるけど、アフィ記事だとそうはいかない。

そのジャンルに慣れてくれば話は別だろうが、最初の内は記事1本アゲるだけでもかなりの時間がかかるはずだ。(俺は1本だいたい3~4hかかる。酷い時は1日かかる)

空いた時間を利用してお小遣い稼ぎ的な考えでは、おそらく月に1万円のラインでさえクリアできないのではないか。(根拠は先輩アフィリエイター達のブログやツイッター)

★やり方は人それぞれで、決まった型は無い

実はこれが個人的には1番困ったことだ。

だって、ノウハウを知りたくてアチコチのブログやサイトを調べてたのに、それらしい型というかフォームがないんだから。

実際には絶対にハズしてはいけないっていう基本はあるんだろうけど、稼ぐためにはその基本にプラスして自分で何らかのノウハウを習得していくしか道はない様子。

つまり、自分で失敗しながら1つ1つコツを身に着けて行くしかない。

できれば、ここでその1つぐらいは記したいところだけど、なんせ初心者の俺じゃそんな大層なモノはまだ無いんで何も示せない。申し訳ない。

ただ、自分が強く意識している考え方を1つだけ。

たとえどんなに稼いでる大物アフィリエイターの言う事であっても、鵜呑みにしてはいけない」ってこと。

アフィリエイトに限らず人生全般について言えることだろうけど、偉い人の言う事って自分に合っていれば良いけど、そうでない場合はどんな立派な意見でも自分にとっては有害になると思う。(学校の先生や職場の上司が垂れる訓話や説教を考えてみてくれ)

もちろん、その偉い人の前で「それは違う。それはおかしい」なんて言う必要はない。自分に合わないなって思ったら黙ってスルーすればいいだけの話。

これは結局、自分のフォームは自分で作って行くしかないってことにつながるわけで、アフィリでは必須のスタンスじゃないかと思う。

長くなったんで、ここらで区切るけど、これを読んでくれた貴方、ありがとう&頑張って行きましょー!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする